『4696』(シロクロ)-365日

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | -
Estrada do Sol―太陽の道 1/13
minolta CLE Voigtlander Nokton Classic 40mm F1.4 ILFORD XP2

混沌の中から秩序を見つけ出すように
目の前の風景から線や形を切り出していこう。
何でもない物かも知れないけれど、
そこにある理由は判らないけれど、
ボクの過去の回想や想像、
未来への思いや空想を重ねて、
いつの間にか縮んでしまった物たちを
イメージの空間に再び組み立ててみよう。

光も影も時間と共に刻々と変化し、
ボクの気持ちをたかぶらせるけれど、
そこに行けば
季節も風景も新しい一瞬を連れて来てくれるから、
旅に出る。
| shihiro | Estrada do Sol | 21:05 | comments(0)
Estrada do Sol―太陽の道 2/13
minolta CLE Voigtlander Nokton Classic 40mm F1.4 ILFORD XP2

するすると伸びた煙突は町の中で
いつでもどこからでも見えている。
町の誇りであり、町の活気そのもの。
煙の止まった今、人々の憂いはツムジ風になり
町のそこここを駆け巡る。
煙突の影は黒く長い日時計のように
一日、太陽の後を追いかけるだけ。
| shihiro | Estrada do Sol | 21:45 | comments(0)
Estrada do Sol―太陽の道 3/13
minolta CLE Voigtlander Nokton Classic 40mm F1.4 ILFORD XP2

海に行こうよ。
波と風と太陽と、雲と青空と、。
水はまだひんやりとするかもしれないけれど、
まだ早い春の海に行こうよ。

ボクが見たのはマボロシの船
音も無く彷徨い、音も無く水平線の向こうに消えていった。

そういえば、
キミは水平線を見たことがあるかい。
| shihiro | Estrada do Sol | 21:16 | comments(2)
Estrada do Sol―太陽の道 4/13
minolta CLE Voigtlander Nokton Classic 40mm F1.4 ILFORD XP2

鳥たちの空。
ボクは上に向かって伸びていく。
上に向かってボクの生命をどんどん伸ばしていく。
空は上に向かう小さなボクを迎え入れ、
大らかに春の風を誘う。
鳥たちにはまだ
ボクの姿が見えないようだけれど
いつか、彼らがこの枝に翼を休める日が来ることを
考えたりしながら、
今はボクの空とボクの世界を思う。
| shihiro | Estrada do Sol | 21:19 | comments(0)
Estrada do Sol―太陽の道 5/13
minolta CLE Voigtlander Nokton Classic 40mm F1.4 ILFORD XP2

太陽は毎日通り過ぎて、。
でもそれはボクがココに来る前から
ずっと繰り返されてきたこと。
太陽は毎日、その軌道を少しずつずらしながら
地表を照らし、明暗を分け、ボクの存在を示してくれる。
風を呼び、雲を呼び、雨を呼び、
夏を、秋を、冬を呼びそして春を呼ぶ。
光の中、全ての中に取り込まれ
いつの間にかココがボクの居場所となることを知る。
そしてボクの上を毎日、太陽は通り過ぎ、
いくつもの表情を与えてくれた。
ボクがココに来てからずっと繰り返されてきたこと。
| shihiro | Estrada do Sol | 21:22 | comments(0)
Estrada do Sol―太陽の道 6/13
minolta CLE Voigtlander Nokton Classic 40mm F1.4 ILFORD XP2

雨だって最初は一滴から始まる。
いつの間にかメガネの前に水滴が付いて
あわててかばんから傘を取り出す。
次の行動を起こすために、何が必要なんだろう。
ボクの中で起こる変化を注意深く見つめて、
反応のスピードを感じながら、
駆け出すタイミングをうかがう。
ぼくはまだココにいると思っていても
動き出さなきゃならない時だってあるんだ。
| shihiro | Estrada do Sol | 21:24 | comments(2)
Estrada do Sol―太陽の道 7/13
minolta CLE Voigtlander Nokton Classic 40mm F1.4 ILFORD XP2

終わりは、始まり。
でも、結局その中は繋がっていて、
変わらないものが脈々と流れている。
ひとつの時代を過ぎようとして、
古いものと決別し新しいものを求めても、
やっぱり変わらないものが脈々と流れていて、
その水辺に立ち、
少しだけ向きを変えてみたボクがいる。
| shihiro | Estrada do Sol | 21:25 | comments(2)
Estrada do Sol―太陽の道 8/13
minolta CLE Voigtlander Nokton Classic 40mm F1.4 ILFORD XP2

影が映し出す世界は見えない世界。
ココに居ないはずの者たちが
集まり、光の中で遊んでいる。

壁から染み出すように現れては形を変えていく。
その昔、ピーナツが大好きだった
少年の心に微笑みの灯を点したり、
機械仕掛けの探偵がコートの襟を立てて尾行して来たり、。
時間と共にストーリーは意外な展開を見せるだろう。
ボクが見たものは幻!?
| shihiro | Estrada do Sol | 21:27 | comments(0)
Estrada do Sol―太陽の道 9/13
minolta CLE Voigtlander Nokton Classic 40mm F1.4 ILFORD XP2

くるくると風が回って、通り過ぎていった。
ひゅるむひゅるむと風が踊って、飛んでいった。
雲の空も、空の星も、星の雨も、雨の月も、
月の道も、、、太陽の道も、、。
ボクは知っている。
全てを見てきた。
何ひとつ、虚構の無い世界を、。
心の無い世界を、。
今日もボクは背筋をピンと伸ばして、
くるくると過ぎていく風を見送る。
| shihiro | Estrada do Sol | 21:30 | comments(0)
Estrada do Sol―太陽の道 10/13
minolta CLE Voigtlander Nokton Classic 40mm F1.4 ILFORD XP2

止まってしまった時間を、いまさら、
再び動かすことは意味がないかもしれない。
いまさら、。

だけど、止まってしまった時間の中に、
懐かしさや、労わりのような、
まるで優しさに似た感覚が存在ることに
気付くと、ボクの思いは
止まった風景に捕まってしまう。
ボクも風景の一部になって
止まった時間の中に封じ込められて、
やっとそんな世界に繋がっていることを知る。
| shihiro | Estrada do Sol | 23:32 | comments(0)




















無料ブログ作成サービス JUGEM