『4696』(シロクロ)-365日

<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | -
伝えたい何かを、。
Nikon FM2 Ai Nikkor 28mmF3.5 ILFORD XP2

言い出さなければだめなんだ。
黙っていたのでは、伝わらないんだ。
何だか言葉を放つ勇気がなかった。
自信がなかったんだ。
 * * * * * * * * * *
正確に言葉を選ぼうとしても、
きっとどこかおかしくなって、
思うことの半分も伝わらない。
またか、、やれやれ、、。
 * * * * * * * * * *
でも、あふれ出す思いを、伝えるには
やはり書くしかないんだ。
自分の中にしまっていたのでは
何も変わらない。
だからまた、書いていこうと思った。
| shihiro | 未来へ | 06:13 | comments(8)
列車はゴウゴウと音を立てて
Nikon FM2 Ai Nikkor 28mmF3.5 ILFORD XP2 @出雲市

明るむ空に、走り過ぎる風景を重ねて
まだ見ぬ世界に心は揺れ始める。
列車はゴウゴウと音を立てて
まるで、過去を振り切るかのように走る。
どこまで行くのか、何時まで走るのか。

ここまでには昨日からのレールが続いている。
 、、細く、長く、割と真っ直ぐな、、。
そしてこの先にもレール、、
 、、緩やかな、だけど先の見えない、、。

ココに至り、未来に続くレールに乗って、
戻る事の出来ないレールに乗って、
窓から見える風景のひとつひとつを
目で追いかけながら、
心に焼き付けながら、
今は過ぎ行くものたちに手を振ろう。
感謝の気持ちで、、、ア・リ・ガ・ト・ウ!
| shihiro | 未来へ | 04:07 | comments(3)
Vou Te Contar
minolta CLE Voigtlander Nokton Classic 40mm F1.4 ILFORD XP2 @温泉津


見えないものだから探してみたくなる。
見えないものだから近付きたくなる。
そこにあなたがいる予感がする、。

フレームを向けてみたいって
衝動はどこから来るのか。
向こうからやって来るものなのか、
こちらから向かって行くものなのか。

素直な気持ちになって求めること。
そこに何かがあると信じて
一歩でも近付くこと。
見えないものが見えてくる瞬間。
| shihiro | 未来へ | 01:58 | comments(4)
朝7時の電車
Nikon FM2 Ai Nikkor 28mmF3.5 ILFORD XP2

がらがらとドアを開けて車両に乗り込む。
朝7時の電車。東に向かう。

すれ違いを待つボックスシートの中でボクは思う。
きっと、もう2駅も進むうちに
そこは友達同士の会話があふれる場所になる。

東に向かう7時の電車はキミたちの会話や笑い声を
封じ込め、がたがたとその銀色の体を揺らしながら、
キミたちのことをミライに向けて後押ししている。

同じ頃、ボクは西に向かう。
| shihiro | 未来へ | 01:32 | comments(4)
朝日に照らされて
Nikon FM2 Ai Nikkor 28mmF3.5 ILFORD XP2

まどろみの中、カーテンの隙間から
朝の光が射し込み、今日が始まる。
続く今日、そして明日へ。

昨日から、。

昨日までの喜び、悲しみに感謝して。
| shihiro | 未来へ | 06:32 | comments(2)
窓の中に封じ込められた景色
Nikon FM2 Ai Nikkor 28mmF3.5 ILFORD XP2

窓の中に封じ込められた景色。
何かを求めて放浪し、出会った風景。
記憶の断片が甦る。

儚い思いをすくうように
つかまえた水平線を取り出して眺めてみる。
この思いは、。
それは、夢か、希望か、哀しみか、愛おしさか、。

全てがここに繋がる、という思いを感じながら、
あの時、封じ込めた風景を眺めてみる。
今がここにあることを感じながら、
これからも繋がっていくことを願いながら。
| shihiro | 未来へ | 02:24 | comments(4)
啓示あり。
Nikon FM2 Ai Nikkor 28mmF3.5

日曜の公園、、、?
何の変哲も無い時、寛ぎの頃。
ある人の所に啓示が届く。
見上げる先の空に、見上げる先の宙から、
見えているのか。
聴こえているのか。
感じているのか。
それはゆっくりと降りてくるだろう。

静かにゆっくりと、過ぎていく人生。
何の苦しみも、何の悲しみもいらない、
欲しくない。
でも、静かな人生なんて、。

時の流れが淀んでしまって、
人々の胸に悲しみが訪れたとしても、
時折やってくる喜びが全てを忘れさせてくれる。
| shihiro | 未来へ | 00:56 | comments(4)
旅の時間
minolta CLE Voigtlander Nokton Classic 40mm F1.4 ILFORD XP2

列車の旅。
ひとつの選択が、ボクの旅を決定付ける。
ここにいて色々な思いを巡らせる。
窓から差し込む光、
橋を渡ったときの光のユレ、
ときおりすれ違う反対列車の衝撃、
周期的に走り抜ける電柱の群れ、
逆光の中に見えたボタ山の情景、
川原に散らばる子供たち。
数年振りに読み返した本と一体になって、、。

そして、ここにある少し心細くなったココロ。

デッキに立って思う。
時間はゆっくりしか進まない。
荷物を軽く足元に挟んで、壁にもたれて、
前にいる乗客と何とかプライベートを保つ距離を置いて、
列車のリズムを感じながら、。
ボクのココロのユレと干渉して、共振して、。

目の前の時刻表をぼんやりと眺めていると、
午後の陽射しがボクをしばしのマドロミに誘う。
こんな時間だけど、ボクの旅の時間だけど、、。
やっぱり色々な思いを巡らせながら、
この旅の先に会うものは何なのか考えてみる。
| shihiro | 未来へ | 01:30 | comments(4)
ボクらの音や色
Nikon FM2 Ai Nikkor 28mmF3.5 ILFORD XP2

ここまで来たらこっちのもの
シンジコのほとり、夕陽を待つ。
立ち止まる若者の思考がはじけた。

ボクらの時代のボクらの音や色を感じに
ここまで来たんだ。
色んなものを見て、聴いて、感じて、
走って、跳ねて、叫んで、描いて。
そこにある感動を体の中に取り込んで
ボクの言葉や映像にするんだ。

感情を表現したい。
もっと、もっと。
素直に、純粋になって。
| shihiro | 未来へ | 02:04 | comments(6)
このトビラを開く時
Nikon FM2 Ai Nikkor 28mmF3.5 ILFORD XP2

このトビラを開くのは
自分を信じて前に進むため。

トビラの向こうにあるものは、
 誰にも見せたことのないもの。
トビラの向こうにあるものは、
 抑えつけていた欲望。
今までこのトビラを開くことなんて考えもしなかった。

トビラを開くのは
 今の自分。
このトビラを開くのは
 ここにいる今の自分

たた、このトビラを開く時、振り返り、
過去から今を経て未来に向かう、
自分の全てを見つめなければならないだろう。
| shihiro | 未来へ | 11:15 | comments(0)




















無料ブログ作成サービス JUGEM