『4696』(シロクロ)-365日

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | -
ENCONTRO
minolta CLE Nocton40mm F1.4

ENCONTRO エンコントロ はポルトガル語で出会い。
この音の響きが好きだ。

ブルーの水槽のにじみの中からすぅーっと
近づいてくるキミ。
出会いは瞬間。
でもボクの目にははっきりと
キミのゴキゲンで得意げな顔が見えた。
驚き、あこがれ、羨ましさ、、
色んな思いが飛び交う中、
キミの瞬間の表情はボクの目の奥の方に
不滅インクではんこを押したように残っている。
 * * * * * * * * * *
安っぽい言葉になってしまったかもしれない『出会い』だけれども、
かってに思い込んでいる『出会い』かもしれないけど
出会いたくない『出会い』かもしれないけど、
一生出会えない『出会い』かもしれないけど、
心が体が震える瞬間は思いがけなく、そして大事なもの。
子供のころの感動を持ち続けたい。
 * * * * * * * * * *
今日、ベン・フォールズのパース、キングス・パークでの
西オーストラリア・シンフォニーとの
ライブを見て涙が止まらなくなった。
あのパースの夜の静寂を破り、
オーケストラと観客と彼のピアノと歌と
全ての出会いが、この瞬間を作っている。
ボクもその中に割り込んで、、
突然のアヒルの登場に大笑いしたり、。

音楽との出会いに感動。
ありがとう。
エンコントロ。
| shihiro | ワンダーランド | 06:20 | comments(0)
ミライのライノ
Nikon FM2 Nikkor 105mmF1.8

サイはツノが無いとサイらしくない。

テレビのCGでトリケラトプスの歩行を再現するために
タイムマシンに乗り恐竜の時代へ行き
トリケラトプスに会う、、訳にいかないので、。
サイの歩き方を参考にしたとか、。
 * * * * * * * * * *
キミの子孫が、未来のライノが
巨大な無頓着なトリケラになっていようが、
人型のおせっかいな生物になっていようが、、
手のひらサイズのネズミみたいな生き物になっていようが、
輪廻がぐるぐる回りボクが偶然にも
キミの数万年後の子孫に遭えたとしたら、
この写真にツノの絵を書いて説明するよ。
サイには立派なツノがあるってことを。
 * * * * * * * * * *
サイの歌がある。
象の声をギターで再現する、今やキング・クリムゾンの人となった
エイドリアン・ブリューの『Lone Rhino』
サイの雰囲気がかなり出ています。
| shihiro | ワンダーランド | 00:53 | comments(2)
杞憂
Nikon FM2 Nikkor 105mmF1.8

フェンスの外の世界に憧れてでもいるのか。
彼女は何を思い、何を願って、天を仰ぐのか。
長い首を少しでも伸ばして、。
昔の中国の人が心配したように、。
『天が落ちてきたらどうしよう。』
なんて考えてるんじゃないかな、?
 * * * * * * * * * *
フェンスの外の人間の馬鹿らしい日常茶飯事を嘆いているのか。
彼女のキユウに過ぎないと思っていたことが
現実味を帯びてくる今日この頃。
『日本は、世界はどこへ行くの、、。』
彼女の願いが何であるかは判らないけれど、。
ささやかなものたちに願いを込めて今日も天を仰いでいるようだ。
 * * * * * * * * * *
ここのところ、最近王子動物園のシリーズを上げています。
動物園には喜び、悲しみ、怒り、笑い、驚き、、
ドウブツたちの色々な感情や表情がつまっていて、
いつ出かけても充実した時間を過ごせます。
再会を楽しみにしていたシマウマは亡くなって
会うことはできませんでしたが、
その前にいるキリンたちに元気をもらいました。
| shihiro | ワンダーランド | 05:24 | comments(0)
ワンダーランドへ、、ヨウコソ、、。
NikonFA Ai Nikkor28mm F3.5

ある夏の晴れた日の昼下がり、
昼寝から目覚めたばかりのボクは
何だかさっぱり夢うつつ状態の自分の頭に
『いやぁ、まだ起きちゃいないんだ、、』と
軽く言い聞かせながら、
目の前の"鼻先の尖がったコイヌ"について
その存在理由を考え始めた。
思考回路をパチンとツナギ替える。
 * * * * * * * * * *
『、、、さあ、、、、ぁ、、
  、、さあ、さあ、、急いだ、急いだ、!!』
徐々に、映像と音がリンクして動き始める。
"鼻先の尖がったキミ"は、
何故かボクとキミの間にあるフェンスを叩いている。
キミがケージの中にいるのか、
ボクがケージの中にいるのか、果たして。
  ?  ?  ?
ボクの頭はピントのズレたまま、
キミの行動と、自分の置かれた状態について尚も考える。
 * * * * * * * * * *
ワンダーランドへ、、ヨウコソ、、。

キミか、、。

何が始まるというのか、、。
| shihiro | ワンダーランド | 02:07 | comments(0)
ドラゴンフライ2号の休息
Nikon FM2 Nikkor28mmF3.5

ドラゴン・フライ2号は、。
ひとり羽を休める。
極東編隊から外れ、
しばし、熱くなった思いを風に流してみる。
しばし、過去を振り返る。
 * * * * * * * * * *
水の世界に産み落とされた瞬間から
クールなキャラクタを与えられ、
ミナゾコのクラヤミの中で
長い間、息を潜め過ごしてきた。
空の光がキミを誘う、、。ハイアガレ、!

パラダイムが変わる瞬間、キミはその流れに従う。
既にプログラムはクミコミズミだから、
いくら気持ちの整理がつかなくても、
キミは予定通り、シフトボタンを押すことになる。
3、2、1、0、Go!

セカンドステージ、キミは鳥瞰?の人生。
空からの眺めを手に入れた、、。
 * * * * * * * * * *
そして、いつの間にかキミの思いは
地上からの風景に回帰している。
まだ時間はある、、。
| shihiro | ワンダーランド | 04:45 | comments(0)
ガーデン・サーカスにようこそ、、
Nikon FM2 Nikkor28mmF3.5

ボクらのニワは特設のサーカスのよう。
ここ一般席はローズマリーの風が香り
高く2階ベランダのVIP席が見える。
さて、さて、本日のメインイベントは、、、。
キミのミラクル・ジャンプ。
鳴り響くドラム。
駆け巡るスポットライト、、。
手に汗ニギル瞬間、、!
期待が最高潮に達したその時、
キミがフラワーフェンスを軽々とジャンプ。
 * * * * * * * * * *
当時、Nikon FM2の1/4000のシャッターを
試してみたくて、この子にジャンプを頼みました。
 * * * * * * * * * *
いつまでも、こうして楽しくやって行こうよ!
Smile! Smile! Smile!
| shihiro | ワンダーランド | 05:12 | comments(2)
STOP
Nikon FM2 AiNikkor28mmF3.5

ここまで来たが、この先は立ち入り禁止。
いくつもの選択肢があるのに、
これ以上行ってはいけないと言われると
何となく気になる。
それが立ち入り禁止。
 * * * * * * * * * *
さて、今まで行けないと判って道を探すことはあったけれど、
行くなと言われて
進んだことがあっただろうか。
振り切るだけの勇気を
あらわにしたことがあっただろうか。
 * * * * * * * * * *
次に、行くなと言われた時、
立ち入り禁止区域に入って
新しい自分を見付けてみようか。
| shihiro | ワンダーランド | 01:47 | comments(0)
未来都市
Nikon FM2 Nikkor28mmF3.5

町は姿を変えていく。
ボクがこの町にやって来て、
新しく作られたモノ、
取り壊されてしまったモノ、
実は気が付いたものはとても少ないのかもしれない。
 * * * * * * * * *
不思議空間

立ち退きがあって、しばらく空き地になっていた場所に
未来都市のような建築物が出現。
建築資材の仮置き場のようだけれども、
きっと次に来る時には
また変わってしまっているのかもしれない。
 * * * * * * * * *
町が変化していく速度に合わせて町を眺めるには、
歩くスピードが一番。
| shihiro | ワンダーランド | 20:35 | comments(2)
使いみちのないシャシン
Nikon FM2 Nikkor28mmF3.5

夏の朝のクサハラ、緑一面のクサハラに、
誰かのオトシ物、真っ白な軍手。
ひとり静かに佇む。
キミは見つけたボクにつぶやく。
「どうしようもなくネジケてるんだ。
 どうせシャシンを撮るなら広げてくれよ。」
土の匂いも、汗の匂いも感じられない新品のネジケた軍手。
キミは右かい、それとも左かい、、。
 * * * * * * * * * *
最近、文・村上春樹さん、写真・稲越功一さんの
『使いみちのない風景』を読んだ。
(学生のころから村上さんの小説は好んで読んでいるけれども、
 エッセイは雑誌で読む程度だった。)
ボクのシャシンは正に使いみちのないシャシンだ。
でもそれらはボクの体のどこかに引っ掛かった風景。
 * * * * * * * * * *
タイトルはもともとA.C.JobimのInutil Paisagem(Useless Landscape)から
取ったものとあったので、手元のJobimのアルバムを探したら、
ineditoに入っていた。結局アルバムを通して聴いてしまった。
ジョビンはいいなぁ。
ボサ・ノヴァ、、。
写真好きの方にお薦めの曲に
Jobimの3月の雨(訳によっては水)があります。
心象風景を歌い上げたもので、アルバム Elis E Tom の中の
Elis Reginaとのデュエットが有名で、個人的にも好きです。
この曲、何だかシロクロ写真に通じるものを感じるのです。

| shihiro | ワンダーランド | 03:39 | comments(0)
キリノナカ
Nikon FM2 Nikkor28mmF3.5

夜が明ける頃、静寂がボクに語りかけた。
目を覚まし、そっと窓の外を覗くと、
キリの世界が広がっていた。
 * * * * * * * * * *
キリの中を彷徨うように歩いた。
闇が去り、次第に明るむ空に、
一匹のカラスを見つけた。
パカッ、 パカッ、 パカッ、
カラスが鳴いた。
パカッ、 パカッ、 パカッ、
そうか、キミだったのか。
ひとりでキリの中にいたのか。
 * * * * * * * * * *
キリの朝は、時を、全てを止め、静寂を連れてくる。
気のせいか、このままキリが晴れることもなく、
世界の終わりがやってくるような気がしてくる。
でもそこには怖さとか、不安は無く、
あるのはやはり静けさだけ。
日が昇り始めると次第に安らぎの時間が訪れる。
カラスはもう遊びに出掛けたみたいだ。
| shihiro | ワンダーランド | 02:11 | comments(0)




















無料ブログ作成サービス JUGEM