『4696』(シロクロ)-365日

<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | -
キャンディ ボックスのマジック
PINHOLE CAMERA(Candy Box) ILFORD MGIV

夏の日、夏休み、夏休みの工作、、。
ベランダの差しを見ていて、
懐かしい風景が浮かんだ、、ブルーの風景。
こどもの頃、何かの雑誌に付録していた。
日常の世界を青い世界に焼き付ける。
<ニッコウシャシン>
カメラの絵の描かれた箱、
ハサミで切り抜いて、
セロテープでベタベタ貼って、
こんなんで写るのかね、、。
ニッコウシャシンのプロセスは、、
もう忘れてしまった。

そんなこんなで、思い立って、針穴写真箱を作ることにした。
 ,菓子の箱に丸く穴を開けて、
 △修海縫札蹈董璽廚妊▲襯潺曠ぅ襪鯏修蝓
 2,轡團鵑妊團鵐曄璽襪魘けた。
 い佞燭鬚弔韻董<シャッター!>
 ド屋を暗くして印画紙を切って中に押し込む。

ベランダで、とりあえず針穴のフタを明けて
心の中で20秒数える。
いち、に、さん、、
薄暗くて赤くした浴室に駆け込んですぐに現像してみる。
ネガ像が浮かび上がる、、ちょっと感動、
定着して水洗して水を切って画像面を
新しい印画紙に貼り付けて
照明を少しだけ点ける。
いち、に。
一度消して、思い直してもう1秒追加する。
さん、。
何となくうまくいったような気がして、
現像、定着、水洗に回す。

日常の世界を青い世界に焼き付ける。
<ニッコウシャシン>

Candy  Box
| shihiro | Pinhole | 10:20 | comments(2)
夕暮れのパーキングで
PINHOLE CAMERA(CandyBox) ILFORD MGIV

どこで時間を止めようか、、なんて、。
そんな感じで場所を探して、
このパーキングに来た。
シャッターを開けて時間を集める。

夕暮れのパーキングで通り過ぎる時間。
今日一日照りつけた太陽は斜めに降りていく。
影のカドを取ったり、長く伸ばしりしながら、。

夕暮れのパーキングで通り過ぎる風。
いつから、そこに来ていたのか、
僕が止まっていると、語りかけてくる。

捕まえた時間を開放するとき、
そこからイメージの世界が始まる。
| shihiro | Pinhole | 12:47 | comments(2)
ハリ穴写真探検隊
PINHOLE CAMERA(CandyBox) ILFORD MGIV

ハリ穴写真探検隊は行く。
いつもの風景を見直しに。
何度も見た、何度も撮った、
それでも、だけど、
やっぱり撮ってみたくなる。

ハリ穴写真探検隊は行く。
普通の景色なんだけれど、。
昨日も見た、今日も見た、
それでも、だけど、
やっぱり見てみたくなる。

使いづらくて、アナログで、
勘とコツの世界で、
失敗のレンゾクで、
全く以って逆行しているみたいだけど、
景色、ハリ穴、映像の
3つを結ぶ直線しかない素直さが
気に入ってしまった。

ハリ穴写真探検隊で行ってみよう。
イツまで、ドコまで行けるのだろう。
| shihiro | Pinhole | 06:46 | comments(6)
視線
P-sharan f=20mm F130 Neopan400 Presto D76(1:1)

見上げればまぶしい光が飛び込んでくる。
反射的に手をかざしていた。
ふと、気が遠くなるような気がして、、

かき氷、スイカ、そうめん、麦茶のビン
薄暗い部屋、ちゃぶ台、いぐさの匂い、
網戸を引く音、。
扇風機、大きな寒暖計、玄関の帽子、
まだボクの視線がずっと下の方にあった頃、
おひるね、、すぅーっと、
まどろみの中で聞こえた、
NHKのど自慢、あれは祖父のラジオの音、。

白と黒のゆらぎの中、記憶を辿る。
ココは未来ではない、、、未来のキオク?
そして、過去ではない。
ナゼナラ、。
ヒタイの汗、のどの渇き、。
暑さと湿気、セミの声が
ボクを現実に引き戻す。

今年の夏はとても暑い夏だった。

新しいハリ穴を手に入れました。
| shihiro | Pinhole | 21:20 | comments(0)
helter skelter
P-sharan f=20mm F130

目をつぶってぐるぐる回って、
今度は目を開けて、。
自分の体がここに確かにあるのに、
思うように動かない感じ、。
そんな宇宙遊泳のような感覚を
何年も忘れていた。
そんな子供みたいなこと、。
そう思ってずっと思い出すこともなかった。

公園には誰もいないようなので、
控えめに回ってみる。
'90 '80 '70 '60...helter skelter
ビートルズを口ずさんで、。
| shihiro | Pinhole | 22:49 | comments(2)
shoes
Konica Auto-S Junk Pinhole35 Neopan400 Presto D76(1:1)

どれだけ歩いてきただろう。
いくつもの靴をハイテ、
時にはバスに遅れないよう足早に、
時には足の開き角を気にして、
時には立ち止まりながら、
時には痛い思いをして、。

そしてボクはいつもの道を行って帰る。

靴とのやり取りは、それぞれで
色々な思い出がある。
スニーカーも、革も、
靴はボク以上に個性的でナイーブだ。
いつしかボクの体の一部になっている。

ボクはいつもの道を行って帰るだけ。
| shihiro | Pinhole | 00:23 | comments(2)




















無料ブログ作成サービス JUGEM