『4696』(シロクロ)-365日

<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
コノブログ、ハジマル
Nikon FM2 Nikkor28mmF3.5

銀塩写真からデジタル写真へ技術が変わっていこうとも、写真を撮ると言う行為は同じです。
この先、今のフイルム式の写真をメインとする僕がデジタルカメラを手にすることになったとしても、フィルムのある限り印画紙のある限り昔流の写真を続けていくでしょう。
   * * * * * * * * * * * * * * * 
毎日は上げられないけれど20数年に渡って眠ったままの写真たちをそっと起こして言葉を添えてあげたい。
   * * * * * * * * * * * * * * * 
『事件』
那須にある動物王国。人のいない方へ歩いていくと物置小屋があった。この次の瞬間、何かが起こるような気がして、シャッターを押した。結局、、何も起こらなかったけど、その分、ほっとした。場とのカケヒキ。只で場を切り取ろうというのだから少しくらいの緊張はあってもいい。
自分の影を入れるのは風景に自分を溶け込ませるため。出演の意志があるなら敢えて拒まない。
   * * * * * * * * * * * * * * * 
白と黒のはっきりした写真の場合、黒をにじませるためにスーパーで食品を入れる白い半透明のビニール袋を露光中の引伸機のレンズと印画紙の間でフラフラさせます。光が拡散して白い部分に黒のにじみが入ります。
| shihiro | 過去へ | 08:37 | comments(0)
セイタカアワダチソウ
Nikon FM2 Nikkor28mmF3.5


犬の散歩によくカメラを持ち出す。犬たちにとってはとても迷惑な話だ。僕が気にいったポイントで彼や彼女にポーズを取らせてパシャ。そしてジャックポット。でも、いつも犬たちを入れての写真だけとは限らない。フレームに入らないように僕の後ろに待たせて、狙った被写体に集中することも。
  * * * * * * * * * *
セイタカアワダチソウは大抵空き地一体にびっしり生えているものと思っていたけれども、この時の二人は荒地にあって幸せ感すら漂うようだった。
  * * * * * * * * * *
高校の頃、ニューミュージック全盛でセイタカアワダチソウという曲を聴いた。セイタカアワダチソウのかすかなつぶやき、、。それは、あなたの優しさそのものみたいな歌詞だった。
この時の光景の中でセイタカアワダチソウたちのささやき合いが聞こえたような気がした。
| shihiro | 過去へ | 10:24 | comments(0)
視線
Nikon FM2 Nikkor28mmF3.5

那須の動物王国へは開設されたときに何度か行ったことがあった。
動物といっても犬がメインだったと思う。
確かこの子はジャックラッセルテリアとダルメシアンのハーフ。
フェンス越しに何かを訴えるような目でこちらを見つめていた。
  * * * * * * * * * *
犬たちはとても感情豊かなクリーチャー。
犬たちと笑い、泣き、怒り、。
彼らがいなかったらきっと僕の心の振幅はプレーンなものだっただろう。
| shihiro | 過去へ | 10:30 | comments(0)
チェアー
Nikon FM2 Nikkor28mmF3.5

光と影、。光を見て、影を見て、はっとすることがある。
実態と影との違いに驚くことがある。
僕らは実態であり、影は分身。しかし、夕方の自分の影に驚く。
そしてシャッターを切る。
 * * * * * * * * * *
誰も居ないジム。日中は犬とその飼い主達が
そのコミュニケーションについて勉強する場所。
今は、置き去りにされた椅子がひとりダンスの練習をしている。
 * * * * * * * * * *
影は正確に実態を表すこともあるし、それ以上の意味不明を表すこともある。
| shihiro | 過去へ | 10:31 | comments(0)
ケッカイの時間
NikonFM2 AF Nikkor24mm F2.8D

阿武隈川の決壊。自然災害の恐ろしさ。そんな光景を写真に
収めようと、、確かにいつもの散歩コースが
いったいどうなっているか知りたくて出かけたんだったのだろう。
しかし、この写真のシャッターを切らせたものは、
このシチュエーションの中にいる3人の子供達そのものだったと思う。
会話はなかったし、彼らの会話も記憶に無い。
ただ、この状況下において何やらあっけらかんとした雰囲気があった。
 * * * * * * * * * *
写真はその場に居なければ撮ることはできない。
その場に居てもカメラを持っていなかったら写真に
残すことは出来ない。カメラを持っていても、
被写体に対峙してシャッターを切る勇気が無ければそれまで、。
強い意志が必要だと思う、、。少なくとも僕の場合は、、。
そして今はその勇気も失われつつある、、。
 * * * * * * * * * *
刺激を与えてくれる皆さんに感謝。
| shihiro | 過去へ | 10:35 | comments(0)
バイバイ、バス
NikonFM2 AF Nikkor24mm F2.8D

去る者、見送る者。その距離は開く。一方で、近づいていく者たち。
オールトの雲で生まれた星屑が、
すい星になって不意に僕らの前に美しい姿を現し、また去っていく。
繰り返す出会いと別れ。
 * * * * * * * * * *
最後のバスは出て行った。
今日もたくさんの乗客を乗せ少しお疲れの後姿。
また明日、。最初のバス!へ。
 * * * * * * * * * *
これも那須の動物王国のシーン。
えっ、最後のバスに乗らなくって大丈夫かって、、?
車で来ているからNo Problem、、、。
| shihiro | 過去へ | 10:36 | comments(0)
小宇宙
Nikon FM2 Nikkor50mmF1.4

漢字を見ていて、何故、この文字が、この形が、
こんな意味なんだろうって思うことがある。見れば見るほど、
考えれば考えるほど判らなくなっていく。
 * * * * * * * * * * *
テーブルの上の水滴を見て、
宇宙の銀河系を見ているような錯覚に陥った。
かみのけ座にはたくさんの小宇宙があるって。
このテーブルは無限の広がりがあるって信じられる、、?
 * * * * * * * * * * *
このテーブルは先日実家に帰った時、すでに無くなっていました。
| shihiro | 過去へ | 10:38 | comments(0)
I'm only flying
NikonFM2 AF Nikkor24mm F2.8D

自分の夢は何?と聞かれて直ぐに答えられる人になりたい。
好きなこと、やりたいことはたくさんあるけれど、
夢と結びつけるには難しい現実が横たわっている。
夢のサイズは人によって違うだろうし、
実現するための努力の量も人によって違うだろうし、
元々人のものと比べるものでもないだろうが、
実現するために続けること、休んでも続けることが大切だと思う。
1枚の写真を作ること、1つの曲を覚えることが
今の自分にとってどれだけ大事なことか、噛み締めていきたい。
 * * * * * * * * * * *
ここは海よりも狭いけど、僕はここで飛ぶことができる。
ガラスの向こうの君の羨ましがっている姿が見えるよ。
さあ、もう一周!
 * * * * * * * * * * *
王子動物公園。動物園は大好きで年に1〜2回は必ず行く。
特に雨の動物園が好きだ。
今週は動物園の写真を上げよう。
| shihiro | 過去へ | 10:39 | comments(0)
フェイス
Nikon FM2 Nikkor 105mmF1.8

ビートルズにI'm the walrasって曲がありますが、
Drugソングですかね、混沌としていて、
とてもビートルズらしさが出ていて好きな曲です。
僕はビートルズ好き(びーとるずずき)です。
先程、ロックの進化について他の場所で
あ〜だ、こ〜だ書いて来てしまったのですが、
ロックの進化も正統にDNAが継承されたり、
突然変異によって新しいものが生まれたり、
色々な血が混ざったりして変化していく。
ロックというか音楽全体で融合や分裂を起こしながら、
でもどちらかというと広がる方向で進んでいると思う。
大昔と違って耳や楽譜だけではなく、
今は音そのものを保存できるから色々な音楽が記録されていく、、。
しかし、聞く人の好みがどんなに似ていても意外に違うもの、
DNAの世界できっと配列がちょっとずつ違うのかな。
だからバンドが解散したり、メンバーが変わったりするのかな。
昨日と今日で聴きたい曲が違ってたりするし。
 * * * * * * * * * *
僕はせいうちではありません。あしかです。
村上春樹の本にあしかホテルっていうのがでできたような、。
思い違いだったかな。
 * * * * * * * * * *
王子動物公園の中でもここが一番好きです。
| shihiro | 過去へ | 10:40 | comments(0)
坂を登れば、、
Minolta CLE M-Rokkor40mmF2.0

これは坂を下ったときの話。一生に一度の出来事だったかも知れない。
夕日の中で目の前に広がる虹を見た。
というよりは虹に包まれたと言った方が正しいと思う。
裏磐梯からの帰り道、
坂を下るとオレンジ色の異様な雰囲気に包まれた。
小雨の中、友人達と車から降りてはしゃぎまわった。
虹だ。空気の一粒一粒が光輝き、虹の神に出会えたような気がした。
 * * * * * * * * * *
坂を登る。ちょっとした坂だ。自転車だったら
変速機が付いていないと上るのは辛いほどの、。
カメラが踊る坂。坂の上の雲に力を借りた。
 * * * * * * * * * *
坂は時に不思議な風景を見せてくれます。
| shihiro | 過去へ | 10:42 | comments(0)




















無料ブログ作成サービス JUGEM