『4696』(シロクロ)-365日

<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | -
カーブ
MP summicron5cmF2 Tri-x

神戸から兵庫に掛けて歩く。
今日は雨が降り。

下を向いて、上を向いて、
体は聞こえないリズムを求めて、
前に前に動いていく。
自動的、、みたいに。

雨は語る。
ほほにぶつかってくる。
雨の気持ちとボクの気持ちがぶつかる?


ペットボトルの列に遭遇。
ボクにはまるで興味がないみたいだ。
雨に打たれて、空を見上げて。












| shihiro | ワンダーランド | 06:08 | comments(0)
rainy and cloudy
X-pro1 18mm

雨の音が近づいてくる。
2番目に好きな季節。











 
| shihiro | ワンダーランド | 21:45 | comments(0)
空っぽの駐車場
LeicaM3 summitar 5cmF2 Tri-x


空っぽの駐車場に朝が来て
光のカフェオレで目を覚ます。

夏に向かう朝、薄明の中、
アサキユメミシ、かの駐車場は
ひとり長い時間を過ごした。

夜が明けるまで、。

今日も、
空っぽの駐車場は
近づくエンジンの音を
静かに待つ。






 
| shihiro | ワンダーランド | 07:29 | comments(2)
ガレージにて
Leica M3 summitar 5cmF2 Tri-x

悲しげな自転車。
どこから来たのか。

悲しげな自転車。
どこにも行けない。












 
| shihiro | ワンダーランド | 04:39 | comments(2)
高架下をくぐって
Leica M3 summicron 5cmF2 Tri-x

光差す高架下。




























 
| shihiro | ワンダーランド | 06:50 | comments(0)
scene
Leica mp summarit M35mmF3.5 Tri-x


カメラを持ち歩くと
我を忘れて色々な姿勢で
写真を撮っている。




大四ツはうちのスキャナーに入らない、、。


















 
| shihiro | ワンダーランド | 06:00 | comments(0)
フロア
Leica M3 Canon Serenar 35mmF3.5 KPDAK Tri-x

ここには季節はない、
時間はあるのに。

刻一刻、
移ろう光。

誰かが少しの時間、
挨拶を交わしている間に、。
誰かが柔らかい日差しの中、
まどろむ間に、。

刻一刻。











 
| shihiro | ワンダーランド | 23:41 | comments(0)
その木
Leica IIIb Canon serenar 35mmf3.5 KODAK Tri-X

その通りはそれほど広くないので
よっぽどのことがない限り
気付くことはない。

今日は花見。
酒屋を探していたのだ。
看板、ノボリ、自動販売機、、
そんなお決まりのアイテムを花曇りの下、
探していた。

そして、どうやら
迷い込んだのだ。
そうでもなきゃ、
こんな、それほど広くもない
通りに入り込むことはない。

その木はそこにあった。


















 
| shihiro | ワンダーランド | 21:50 | comments(2)
通り雨
Leica IIIb summitar 5cmF2.0 Tri-x400

通り雨が過ぎ去り、
以前そこにあったものが
失われてしまった気がした。

何かが、幾つもの雨粒に置き換わり、
そこにあったものは
静かにその場を追われた。

小さな雨粒は春先の光に輝きながら、
そこにあったはずの少し前の
季節の匂いを書き替えた。









 
| shihiro | ワンダーランド | 00:20 | comments(2)
高架下をくぐって
Voigtlander ProminentII SKOPARON 35/F3.5

来るなっという予兆があったにもかかわらず、
思わず身をすくめて目をつぶってしまった。
あまりにも音が大きかった。
頭上の線路を電車が通っていく。

予兆を感じながらも
その衝撃に改めて驚いてしまうことがある。
覚悟を決めるとは言っても、
思い直してしまうのだ。
そんなこんなの繰り返し。
そんなものなのだ。


それでも行ってみたい場所がある。
それでも見ておきたい風景がある。

そんなところに何度も何度も、
ブックマークを挟んだり
ドッグイヤーをこしらえたりするのだけれど、
いつも繁忙にかまけて、
ただただあれもこれもが増えるだけ。

この高架下もそんな場所のひとつ。






| shihiro | ワンダーランド | 06:34 | comments(0)




















無料ブログ作成サービス JUGEM